出演情報


バイオリンエンターテイナーのマグナム小林です。擬音ネタや大正演歌、タップダンスをしながらのバイオリン演奏などをしています­。落語芸術協会、東京演芸協会に所属。新宿末廣亭や浅草演芸ホールなどに随時出演しています。 趣味は野球(千葉ロッテマリーンズのファン)、プロレス、大相撲、競馬などのスポーツ観戦、鉄道、昭和歌謡です。

YouTubeに、私のネタをアップしました。ぜひ、ご覧ください。
http://www.youtube.com/user/MagnumKobayashi

ツイッター始めました。フォロー、よろしくお願いします。
https://twitter.com/mag76k

 
 

    ★☆★ 12/27 マグナム小林芸能生活20周年ライブ&パーティー ★☆★

 

私、マグナム小林、今年で芸能生活20周年を迎えました。

何度もあった芸能生活の危機を乗り越えられたのも皆様のご支援、御協力の賜物です。

そこで感謝の気持ちを込めまして、20周年記念のライブとパーティーを開催いたします。

ライブには超大物落語家、パーティーには往年の名歌手の出演が決定しております。

興味のある方は御連絡下さい。よろしくお願い致します。


    ● 会場: ホテルグリーンタワー幕張3Fメイフェア

    ● 時間: ラ イ ブ  PM4:00開演

        パーティー  PM6:00開演

  


出演情報

落語芸術協会定席

12月16日~20日 池袋演芸場 PM5:00~5:15

12月21日~27日 浅草演芸ホール PM0:45~1:00(桧山うめ吉さんと交互出演)

1月1日~5日 池袋演芸場 PM6:00~6:10

1月6日~10日 新宿末廣亭 PM6:00~6:10

1月11日~20日 国立演芸場 PM1:15~1:30(16日はPM6:15~6:30も)


東京演芸協会定席

12/23 浅草東洋館 PM3:25~3:40

12/24 浅草東洋館 PM2:55~3:10



結婚式、新年会、忘年会、お誕生日会など各種パーティーの司会、余興などお気軽に御用命ください。

テレビ、ラジオ、どんなに小さなFM局からケーブルテレビ局まで、何でもやりますので、レギュラー番組ください。

雑誌、インターネットなどの原稿といった書く仕事もどしどし募集してます。

昔懐かしい大正演歌、バイオリン演歌もやってます。聞いてみたいという方はご連絡ください。

お仕事の御用命は右記のメールアドレスまでお願い致します。 mag76@ezweb.ne.jp

2013年12月31日火曜日

プロレス大賞。その4

プロレス大賞は全部が全部とは言わないが、どうも団体の意向が入ってるような気がする。オカダにあれだけ票が入って中邑が0だったり。週刊誌も週プロだけだから、団体の意向に逆らえない部分はあるのだろうが、たまに、いかがなものかという受賞者もいる。今回はMVP以外はそこそこ納得してるけど。

プロレス大賞。その3

何より飯伏は新日本とDDTと合法的な二重契約を結ぶという、業界で画期的な事をしたわけだし、それだけの価値があるのだから、賞を取るべき選手だろう。
ベストバウトは中邑対飯伏で異論なし。ベストバウトで最後まで候補に残った試合が両方とも中邑の試合という事からも、中邑の充実ぶりが分かる。

プロレス大賞。その2

プロレス大賞の三賞は私の独断と偏見で選んでみた。
殊勲賞はKENTA。GHCの王者として、中身の濃い防衛戦をしていた。
敢闘賞は石井。王者でこそないが、どの試合も見る者の心を打つものだった。
技能賞は飯伏。ベストバウトを獲得した中邑戦やオカダ戦での飯伏の技量は抜きん出ていた。

プロレス大賞。

今年のプロレス大賞のMVPはオカダとか。IWGP王者だし悪くはないけど、去年ほど印象に残ったかというと疑問が残る。私は中邑真輔ではないかと思う。イヤオーやクネクネも違和感がなくなり、存在感が非常にあった。何よりインターコンチのベルトの価値をIWGP並みに高めた貢献は大きいと思う。

2013年12月27日金曜日

鳴戸部屋。その2

年寄株の件は、恐らく、報道されてる事だけではない何かがあるのだろう。それは角界の人にしか分からないのだろう。あまりにも陰謀渦巻く感じで、怖さすら感じる。年寄株というのは角界では命の次に大事なものなのだろう。そういうものを改革しようというのだから、一筋縄ではいかないのも当然か。

鳴戸部屋

相撲協会は凄い事になってるなあ。出さないとクビになると言われても年寄株の証書を提出出来ない親方がいるっていうのは、我々の常識では考えられないし、手放さない人がいるというのもよく分からない。鳴戸部屋のように場所前なのに、部屋の名前が変わり、場所まで変わる部屋が現れるのは異常だな。

ポスティング。その4

選手会がゴネて、話がこじれて、新しいポスティング制度が生まれたが、元ヤクルトの宮本も言っていたが、今回は選手会が下手を打ったと思う。ポスティングして貰えなくて困るのは選手なんだから。あの時にすんなりOKしておけば良かったような気がする。

ポスティング。その3

20億でも高いという人もいるが、単純に経済的な損失だけでも20億を越えるし、ここまでの投資も考えたら安いだろうなあ。マー君みたいに誰もが納得する成績を残せば出さざるを得ないだろうが、日本一を含めてあそこまでの成績を残せる人はそうそう現れないから、FA寸前まで手放さなくなるだろう。

ポスティング。その2

そもそも、新しいポスティング制度は上限までいくような選手を想定して作られていて、そんな選手は3、4年に1人しか出ない。そんなに頻繁にあるわけじゃないんだから、上限はつけるべきでないし、入札金が低くなっても、その他の条件は結局お金がかかるんだから、貧乏球団が獲得出来るとは思えない。

ポスティング。

今回の新しいポスティング制度は一見、選手にとって良くなったように思えるけど、20億しかもらえないなら、上限までいくような選手だったら、日本の球団はFAギリギリまで手放さなくなるだろう。そうなれば、ポスティング自体が形骸化し、上限までいくような選手にはこれから不利になるだろう。

靖国参拝。その5

靖国の根本の問題はA級先般の合祀。現時点で私には判断出来ないが、この件だけは他国を気にせず、自分たちできちんと判断すべきだと思う。日本国内で揺れてるから、他国に漬け込まれる。納得いくまで話し合って、それこそ、国民投票をしてもいい事だと思う。

靖国参拝。その4

安倍さんはマジに命を狙われないように気をつけた方がいいだろうね。それから、アメリカにどうこう言われる筋合いはないが、アメリカの機嫌を損ねたから、陰謀で失脚させられないように気をつけた方がいいね。過去にそういう政治家はたくさんいるから。それぐらいの覚悟をもってやったんだろうけど。

靖国参拝。その3

安倍総理の靖国参拝を、ドイツの総理がヒトラーの墓参りに行くのと同じと言ってた人までいたが、その例えはさすがに異常だろう。靖国には純粋にお国の為にと亡くなられた方も祀られてるんだから。そういうおかしな例えをする人は知覧に行くべきだよ。あそこに行ったら、そんな事は言えないはず。

靖国参拝。その2

テレビのコメンテイターも一様に靖国参拝は反対。賛成という人だっているだろうし、そういう人の意見も伝えないと公平な報道とは言えないのではないか。コメンテイターは、一応、出る前に局から言われてるんだろうけど。でも、局に言われた事を言うだけなら、コメンテイターの意味はないと思うが。

靖国参拝

安倍総理の靖国参拝がいいか悪いかは別として、マスコミの中国や韓国の反応の伝えぶりは異常だな。あそこまで反応を気にするって、あんたら、どこの国のマスコミだよって感じで嫌悪感を感じる。他国の反応よりもっと伝えなければならない事があるはず。もっと靖国参拝の本質を伝えるべきではないのか。

2013年12月26日木曜日

涌井。その3

今年もそうだったが、抑えとしての涌井は素晴らしい。エースを張っただけの投手だから精神力も強いし、抑えには向いてると思う。もし、先発でダメなら早めに抑えにした方がお互いの為だと思う。先発で心中したらチームも涌井本人もキツくなるだろう。

涌井。その2

抑えとしての涌井は素晴らしいと思うが、先発となるとなかなか結果が出ない。上原もそうだったが、なかなか説明がつかない。
言えるとすれば、競馬で長目の距離を走っていた馬が距離を短縮すると結果を出す事がある。しかし、その後に長い距離に戻すと掛かり癖がついてしまうのと同じ事なのかなあ。

涌井

涌井、ロッテ入団。先発として期待してるみたいだけど、どうかな。涌井に限らず、上原や榎田もそうだが、一度、リリーフをやってしまうと、先発に戻っても成功しない投手が多い。昔は大野や斉藤明、遠藤、山本和など先発や抑えを行ったり来たりする人も多かったが、最近では摂津くらいしかいない。

2013年12月25日水曜日

幼稚園。その2

幼稚園のHPを見ると、とっくに園児の募集は終わってるはずなのに、問い合わせるとどこも定員に余裕があるとか。少子化のせいもあるが、景気が悪くなり、旦那の稼ぎだけでは生活出来なくなり、共稼ぎが増え、皆、保育園を希望するようになったから。そういう事が分かってないから待機児童が増えるのだ。

幼稚園。

来年からノン太を幼稚園に入れようと思い、今頃と思われるかもしれないが、最近の幼稚園事情について調べ始めた。今の幼稚園は三年保育が普通みたい。我々の頃は学年で1人しか三年保育の子なんかいなかったのに。卒業して35年経ってあまりの変わりように驚いた。

2013年12月23日月曜日

忘年会。その4

昨日、行った高級割烹で入るなり、お店の仲居さんに「タップさんいらっしゃいました。」と言われる。話が通ってのはありがたいけど、タップさんって…(笑)。ここでタップを踏む人なんて最初で最後だと思うけど。

2013年12月22日日曜日

忘年会。その3

ちなみに今回の依頼は、私がNHKに出演したのを、牧場のオーナーの奥様が見て、ぜひと仰って下さったとか。あの番組を見て依頼を頂いたのが北海道と大阪というのが、さすがは全国放送のNHK。だからこそ期待に添いたかったのだが…。なかなか思うようにはいかないもの。しばらく凹んでます(苦笑)。

忘年会。その2

ちなみにその割烹では別の某馬主さんも忘年会。ゲストはEXILEの主力メンバーとか。大盛り上がりだったみたい。余計に自分の力のなさを感じてへこむ。競馬ファンでなければここまでへこまないんだろうけど。

忘年会

某大手生産牧場の忘年会で一席。競馬ファンなら誰でも知ってるオーナーがいらっしゃって、高級割烹でやるとなったら、緊張する要素は満載。しかも、今回は牧場のオーナーの御希望とか。御希望に添えたかは…。私の力は出し切ったけど結果が伴ったかは…。こういう時に自分の力のなさを感じる。

エイシンフラッシュ

エイシンフラッシュの有馬記念断念は、苦渋の決断だっただろう。初めてダービーを勝たせてもらった馬だけに引退レースを走らせたかっただろうから藤原英師も涙したのだろう。フラッシュとは馬券の相性がなかった。4歳の秋天、JCで本命で狙ってダメで、もうないと思ったら有馬で来たからなあ(苦笑)。

クリスマス会。その3

子供相手だと、暴れん坊将軍はあまりウケない。まあ、分からないから仕方ないし、それを承知でこっちもやってるんだけど。周りにいる大人の方がウケてる。その大人たちを子供たちが不思議そうに見てる(笑)。

2013年12月21日土曜日

クリスマス会。その2

私が育った所は子供会が盛んだったから、夏休みはラジオ体操にプールに地区対抗のソフトボール大会、冬はクリスマス会、春は六年生を送る会と行事が目白押しだった。特にソフトボール大会は夏休みの半分がその練習で潰れたくらい。今は実家の方は子供会活動がほとんどないみたいで残念。

クリスマス会

自宅の近くの子供会のクリスマス会で一席。子供たちの前でやるのはそれほど珍しい事ではないが、子供会というのは久し振り。最近、少子化のせいか、子供会も元気がなくなった所が多いけど、ここの子供会はとっても元気。盛り上がったし、こっちも楽しかった。

2013年12月20日金曜日

暴れん坊将軍

昨日から暴れん坊将軍をマイナーチェンジした。大きく変わったわけではないので、お客さんも楽屋も気付いてないみたいだけど、まだ試運転の段階だから、本人的にはかなりドキドキ。しばらくはうまくいくかどうかはその日の調子次第。最後までいけば、本人的にはOK(笑)。

あぶさん。その3

あぶさんで印象深いのは、まだ影浦が無名の頃、バーに行って、サインを間違えて書き、偽物扱いされる。次の日からヒットが出たので、毎日その店で間違えたサインを書き続けた。ずっとヒットが続いたが、打てなかった日から来なくなった。毎日サインをもらっていた女の子だけは影浦だと信じてた。

あぶさん。その2

酒しぶきを上げ、時にはゲロを吐きながら、一振りに賭ける代打稼業を黙々とこなすあぶさんはあまりに格好良過ぎて、男として憧れだった。自分に男の子が生まれたら、安武って付けたかったくらいだから。さすがに大虎は付けないけど(笑)。

あぶさん

あぶさん終わっちゃうのか。梶原一騎先生と水島新司先生に洗脳されてる私としては寂しい限り。でも、あぶさんは野村監督時代の南海が一番面白かったなあ。ルパン江本がいて、ミチこと佐藤道夫がいて、門田がいて、いかにも大阪の球団って感じで好きだった。

2013年12月17日火曜日

家事。その2

私の仕事は家事の片手間で出来ると思ってる何て事を言ったら、逆ギレという名の言論弾圧に遭う。挙げ句にもう何もするなと言われる。そういうつもりじゃないのに、とても冷静な話し合いにならない。それが分かってるから黙ってる。すると福島原発の汚染水ぐらいの勢いでストレスが貯まっていく(苦笑)。

後厄

今年もあと2週間。あと2週間で後厄が終わる。今年の前半は散々だったから、まさに後厄だった。あと2週間、家族全員、無事に過ごせる事を祈るのみ。

家事

うちのおふくろもかみさんも、私の仕事は家事の片手間で出来ると思ってる。言葉の端々にそういうのが感じられるから、気分のいいものではない。家事をやるのは嫌いではないけど、そういう感じに思われてるとねえ…。今だって精一杯やってるし、1時間でいいから芸の稽古に集中出来る時間が欲しい。

2013年12月15日日曜日

朝日杯FS。その5

朝日杯というとグラスワンダーを思い出すなあ。特に朝日杯は強かったイメージが残ってる。この馬もオルフェーヴルやゴールドシップ同様、中山、阪神で強かった。どんなに前走が悪くても中山では走ったからなあ。おかげで随分、儲けさせてもらったけど(笑)。

朝日杯FS。その4

朝日杯FSを見ても分かる通り、今の中山はオルフェーヴルやゴールドシップ向きの力のいる馬場。今までの有馬の歴史を見るとゴールドシップの奇跡の復活なんてのが見られそうだが。
もうひとひねり考えれば、有馬2着があるエイシンフラッシュ、あとハーツクライ産駒が要注意かもしれない。

朝日杯FS。その3

現に、中山のマイルという難しいコースの朝日杯FSは3年続けて外国人騎手が勝ってる。優しいコースばかりになればますます、外国人騎手との差がつく。

小回りや渋い馬場でもオルフェーヴルのように強い馬は勝つ。そういう環境でも勝てる馬が世界でも通用する。中山を軽視するのはいかがなものか。

朝日杯FS。その2

確かに広々としていて直線の長いコースになれば、実力本位になり、馬の実力が伸びるのは今の阪神のマイルになって牝馬の実力が上がったのを見れば明らか。ただ、全部が全部そうなってしまうと競馬の面白みが半減してしまう。特にそんな緩いコースばかりでは騎手の実力はますます伸びなくなるだろう。

朝日杯FS

来年から朝日杯FSは阪神に移るとか。中山の地元民からすると寂しい限り。中山のマイルはG1に向いてないから仕方ないけど。ただ、競馬界全体が中山軽視の方向に向かってるのが残念でならない。皐月賞も小回りだとか馬場が悪いとか言って有力馬がパスするケースが増えてる。陣営の勝手ではあるけど。

山形。その2

山形でパーティーの余興終了。うまそうな地酒がパーティーの席に並んでいたので、帰りの新幹線で出羽桜の小瓶で一杯やろう。やっぱり寒い日は日本酒に限る。寒くなくてもそうか(笑)。

カーリング

カーリングってテレビのスポーツニュースだとエンドの最後の一投しか流してくれないから、ルールも分からないし、面白さも伝わらない。試合を最初から見てるとよく分かるし、面白い。NHKのBSで中継してるけど。スケートのショートトラックも最後の1周だけでなく、最初から見ると面白い。

山形

これから山形へ。山形は雪のようなので、この冬、初めてダウンジャケットを着る。
流行に敏感な私は、昨日の夜から早くもアレルギー性鼻炎に悩まされる。左の鼻の穴からとめどなく流れる水っ鼻。毎年、私はこの時期から来るんだよなあ。今日、医者に行かれないからどうしよう。

2013年12月14日土曜日

海老名

海老名のお寺で一席。周りに何にもない所でとても静か。待ってる間、寝そうになった(笑)。少ないながらもいいお客様で楽しくやらせて頂いた。
明日は山形。寒そうだな。っていうか予報は完全に雪だな。防寒装備をしなくては。

テレビ出演数

テレビ出演数1位は今年も設楽君かあ。ベスト20で20代は金田君だけか。今年は若い人が出てこなかったんだな。でも、お笑いって売れるのはだいたい30歳過ぎてからだけど。バナナマンもくりぃむしちゅーも爆笑問題も20代はくすぶってたから。お笑いはそんなに甘くないって事か。

2013年12月13日金曜日

宮田章司一門若手勉強会

一昨日、北千住で宮田章司一門若手勉強会に出演。一門の方々は皆、芸がしっかりしてる。宮田章司先生の指導ももちろんあると思うが、陽・昇さんが非常にいいお手本になってると思う。弟子を持った談笑兄が、総領弟子は一門の流れを作るから非常に大事と言っていたが、その通りだと思う。

一昨日、昨日

一昨日は、新宿の後に北千住で宮田一門の若手の会に出て、その後、池袋。昨日は新宿の後、高田馬場でタップの稽古をして池袋。そして今日と、ハードスケジュールだったけど、時間が重ならず、うまい具合にピタッと嵌まってくれたから助かった。こういう時もあるんだな。

金町

池袋から金町へ。演芸を一番よく見てる方からの依頼の仕事。そういう方からの依頼というのは非常に光栄。4席目に30分やるのはキツかったが、いいお客さんだったので、疲れなど忘れて出来た。今日は4席ともいいお客さんで助かった。でも、終わって控室で久々に両膝に手をついた(苦笑)。

蕨。その3

蕨から池袋演芸場へ。ここはスムーズにクリア。ただ、3席もやったから足の筋肉はパリパリ。ペース配分なんてケチな考えはないから。でも、最後の金町の仕事は一番、持ち時間が長いんだよなあ。足が保つかな(苦笑)。

蕨。その2

ぜん馬師に限らず、当時、上の方の兄弟子の歳に私もなった。上の方の兄弟子の方々、私が若かったせいもあるが、凄く老けて見えたけど(笑)、今の私も、若い人たちからそう見られてるんだろうな(苦笑)。

新宿から蕨へ。ここでも京浜東北線が架線の付着物でストップ。ツイてない。すぐ動き出したので何とか間に合ったけど。
元の兄弟子の立川ぜん馬師匠からの仕事。ぜん馬師と話していて、私が入門した頃のぜん馬師匠の歳になりましたと言ったら、苦笑していた。

末廣亭

いつものように九段下で乗り換えようとしたら、京王線ストップの影響で新宿線もストップ。慌てて地上に出て、タクシーで末廣亭へ。10分前にギリギリ到着。でも1700円かかった。これじゃあ末廣亭、タダ働きだよ(苦笑)。

2013年12月10日火曜日

イソノルーブル、死去。その2

桜花賞の後、騎乗していた松永幹夫騎手はイソノルーブルの馬房の前で何日もジッと立っていたとか。そのエピソードを聞いて、私はオークスで単勝を買った。結果はシスタートウショウの猛追をハナ差抑えて、見事な逃げ切り勝ち。松永幹夫の執念だったのだろう。ダイユウサク共々、御冥福をお祈りする。

イソノルーブル、死去。

イソノルーブルは何と言っても桜花賞。落鉄したまま走らせたのを黙っていて問題になった。それまで直線、平坦なコースでしか実績のない馬だから、落鉄してなくても勝ったかどうかは分からないが、落鉄したまま5着に入った事の方がむしろ凄い。勝ったのは若き日の角田騎乗のシスタートウショウだった。

ダイユウサク、死去。

ダイユウサクが勝った有馬記念はスタンドで見てた。あの時は5枠に人気薄が集まってたから、黄色い帽子が飛び込んで来る事はないと思ってたんだけど。ちなみにその時の私の本命はナイスネイチャ。ダイユウサクが人気がなかったのは距離経験がなかったから。完全な冬馬で調子は最高だったのだろう。

2013年12月8日日曜日

ノン太。その2

ノン太は保育園でめったにウンチをしないが、先日、珍しくした。先生がオムツを変えようとしたら、「パパにやってもらう。」と言ってなかなか聞かなかったとか。まだお迎えの時間でもないのに。それを先生から聞かされ、「俺はお前の奴隷じゃないぞ。」と言ったら、先生が爆笑してた。

ノン太

先日、朝、私が完全に寝ぼけていて、ノン太に下着を2枚着せて保育園に行かせてしまった。保育園に着くまで気付かなかったのもどうかと思うが、仕方なくそのまま1日過ごさせた。それほど寒くない日だったので、帰りに暑かったと言われた(苦笑)。

ノン太。その3

今年の2歳馬は2011年生まれ。だからノン太と同い年。何となく阪神JFの予想馬柱を見ていたら、ノン太と同じ2/15生まれの馬が。その名もマジックタイム。ノーザンファーム生産で父ハーツクライ。やりそうな雰囲気プンプンなので単勝を買ったが、あえなく6着。でも、来年もこの馬を追いかける。

田上明引退。その5

田上は四天王の中でトップとは言い難いかもしれないが、他にはない個性があり、いいアクセントになった。大型選手というのは出来るだけ動かない事で大型選手としての価値が高まる。アンドレしかり、馬場さんしかり。例え動けても、動いてしまったら、価値が半減してしまうと、カブキさんも言ってた。

田上明引退。その4

田上が川田とタッグを組んだ最初の試合を見た。これだけ強い日本人タッグを見た事がないと思った。そう思ったのは後にも先にもこのチームしかない。三沢、小橋組対川田、田上組の試合は、世界のプロレス史に残る試合だった。あの試合はあの4人にしか出来ない試合だった。

田上明引退。その3

田上の一番のライバルは何と言っても川田。私は三冠戦よりも、全日本創立20周年の武道館での三沢への挑戦者決定戦で、千葉公園体育館で川田と対決した試合が一番、印象に残ってる。あの田上が気持ちを剥き出しにして死力を尽くした素晴らしい試合だった。決着がついた瞬間、泣いてるお客さんがいた。

田上明引退。その2

田上が大成出来たのは、いいライバルがいたおかげ。大型選手というのは甘やかされて育てられがちだし、同じ体格の人が少ないのでなかなかライバルが現れない。日本のプロレス界は大型選手を育てるのが上手くない。田上の場合は超世代軍、特に川田がいたおかげでトップレスラーの仲間入りが出来た。

田上明引退。

プロレスリングノアの田上明選手が引退。大型選手として期待されながら、その期待に応えられない時期が続いた。期待されながら、大成しなかった大型レスラーは日本にはたくさんいる。ロッキー羽田や高野俊二、北尾など枚挙に暇がない。田上もその1人になってしまうのかなと思う時期があった。

特定秘密保護法案。その3

特定秘密保護法が通ってしまったのは、マスコミの敗北だろう。通って一番困るのはマスコミなのに、どこまで本気で反対してたのか。知る権利という言葉を多用していたが、実はこの言葉ほど曖昧なものはないし、もっと具体的な例を挙げないと。だからといって、戦前の日本を持ち出すのもナンセンスだが。

特定秘密保護法案。その2

特定秘密保護法で隠されると一番困るの福島を含めた原発の情報。テロ対策という言葉一つで隠されてしまうだろう。東日本に住む我々にとって、原発情報を隠されるのは人命に関わる事。ただでさえ、民主党政権で情報を隠されたせいで酷い目に遭ってるのに。

特定秘密保護法案

特定秘密保護法案って適用の範囲が曖昧というけど、それは与党に都合良く使えるようにという事なのだろう。でも、自民党がずっと与党でいる保証はないのにね。一度は政権交代をされてしまったというのをまだ分かってないのかね。この法律で自分たちが苦しめられる日が来るというのを分かってないね。

2013年12月3日火曜日

大谷。その4

早稲田のソフトボール部から入った日本ハムの大嶋は今年、さっぱりだった。打撃は間違いなくいいものを持ってる。いっそのこと、打つだけの選手にしてしまったらどうか。その代わり死ぬほど打つ練習だけやれば凄い選手になると思うのだが。捕手の練習をしてたら、このまま終わってしまう。

大谷。その3

二刀流が一番、威力を発揮するとしたら、8回まで野手で、9回に抑えで出てきたらそれが究極だと思う。先発投手では二刀流の意味がそれほどないのが、今年、分かった。来年は白井コーチが戻るので、今年よりはその辺をうまくやってくれるだろう。せっかくの二刀流がこのままでは宝の持ち腐れだ。

大谷。その2

何より日本ハムのチームが大谷に振り回されてる感じ。大谷が悪いわけではないが。決まったメンバーで戦えないから、チームに緊張感がない。しぶといハムの野球が今年は全くなかったから、ロッテ側から見ても楽な相手だった。これが来年も続けばロッテとしてはありがたいが、球界のためにはならない。

大谷

日本ハムの大谷の年俸が3000万円になったとか。私は二刀流は賛成だし、頑張ってるとも思うが、3000万円も払うほどの戦力になっていたかと言えば疑問が残る。まだ試行錯誤の段階とはいえ、使い方があまりにも中途半端。将来、どういう選手にしたいのかというビジョンも見えなかった。

流行語大賞。その4

流行語大賞で野球関連は99年の上原、松坂以降、出てない。これも野球人気の陰りなのか。だからといってサッカー関連が増えたわけでもない。芸人の一発ギャグと政治関連が増えた。一発ギャグはテレビがそういうものを求めた結果だし、ワイドショーで政治をやるようになったのってこの10年だから。

2013年12月2日月曜日

流行語大賞。その3

流行語大賞って時期が早過ぎると思うんだよなあ。これから流行る言葉だってあるかもしれないし。実際、家政婦のミタの承知しましたなんか、時期が遅かったから選ばれなかったし。
個人的にはクロコーチの「せ〜か〜い」は面白いと思うのだが。ちなみに連ドラを見ない私が珍しくクロコーチは見てる。

流行語大賞。その2

ブラック企業やヘイトスピーチといったネガティブな言葉が流行語大賞のベストテン入りした。今まではあまりネガティブな言葉は入れてなかったから、珍しいなと思った。ヘイトスピーチはどうかなと思うが、ブラック企業はかなり流行したなという感じはある。

流行語大賞。

流行語大賞に4つ選ばれたが、ベストテンに入ったのも含めて大賞を取ってもおかしくないものがたくさんあったというのは景気が上向いてきたという事のような気がする。景気が悪いとネガティブな言葉が多くなり、大賞を取る言葉も絞られてしまうから。

ノン太、七五三。その3

ノン太のいたずらが最近、ひどくなってきた。今日もかみさんがベランダにいる時に窓の鍵を閉められた。昨日はかみさんの化粧品を隠すし、その前は壁にクレヨンで落書き。ハサミでタオルを切ろうとした事も。全部、悪気はないのだが、いよいよ目が離せなくなってきた。正直、家にいる方が疲れる(苦笑)。

ノン太、七五三。その2

今日はまず、スタジオアリスでノン太の七五三の記念撮影。そのまま、車で千葉神社へ。夕方だったので、我々だけ。暗い所で大きな太鼓の音や神主さんに、ノン太はビビりまくり。途中で大声で「もう、終わった?」「おうちに帰りたい!」と号泣。私とかみさんは必死に笑いをこらえた(苦笑)。

ノン太、七五三。

ノン太やかみさんの体調が整わず、遅れてしまったが、ようやくノン太の七五三を祝う事が出来ました。

早明戦。その4

早明戦は早稲田が勝ったとか。最近でこそ早稲田が優勢だが、我々の頃は一度も明治に勝てなかった。唯一の引き分けが、終了前5分で12点差を追いついた1990年。今泉選手の80m独走トライはもちろん、難しい位置から決めた守屋選手のゴールは鳥肌が立った。6万人の観衆が蹴る前にシーンとなった。

2013年12月1日日曜日

家電

うちのHDDが壊れた。洗濯機もスタートボタンを押してから5分以上経っても水が出ない事がある。どちらも同じメーカーなので修理に来てもらったが、どちらも最低でも1万円以上かかるとか。それなら買い替えた方がいい。とりあえず、今のところは何とかなってるから使い続けるしかないか。

サイレンススズカ

昨日は金鯱賞が行われた。金鯱賞と言えばサイレンススズカ。15年前のレースは衝撃的だった。芝の重賞で良馬場で大差勝ちをしたのは、他に見た事がない。1頭だけ全然違うレースをしてた。他が弱いわけでもないのに。昨日、中京競馬場60周年でベストホースの表彰をされた。選ばれて当然である。

早明戦。その2

我々の頃はラグビーの早明戦、野球の早慶戦は満員になるのが当たり前だった。確かに愛校心もあるが、何にでも興味を持っていたのだと思う。時代が違うと言えばそれまでだが、今の学生は興味がないのかな。自分の得意なものばかりでなく、いろんな事に興味を持つのは大事な事だと思うのだが。

早明戦。その2

我々の頃はラグビーはブームだった。ブームの火付け役は何と言ってもドラマのスクールウォーズだった。我々の世代は皆、影響を受けた。私も高校でラグビーをやりたいと思ったくらい。大学の体育の授業で念願のラグビーが取れた。日比野先生や郷田選手に教えて頂けたのが、今でもいい思い出である。

早明戦

日付が変わって今日は、ラグビーの早明戦。現在の国立競技場で行われるのは最後とか。学生たちが、満員にしようと頑張ってるらしい。我々の頃はチケットの発売日に徹夜しないと買えないくらいだった。6万人近い観衆がボールの動きに一喜一憂する姿は壮観だった。今の学生にもそれを経験して欲しい。

2013年11月28日木曜日

落語青田会終了

同じ二ツ目とはいえ、親子ほど歳の違う(笑)、圓満さんとぴっかりさんのコラボはなかなか面白かったです。私の目から見て、もう一度見たいと思いました。2人の得難い個性が見られて、とても楽しかったです。

サニムの津田慶彦君死去。その2

脳出血といえば元の弟弟子の談大も同じ病でこの世を去った。2人ともまだ30代。多分に不摂生があったにせよ、こんなにもあっさり若い命を奪ってしまうのだから、怖い病である。30代、まだまだやりたい事はあっただろうに。ご冥福をお祈りします。

2013年11月27日水曜日

サニムの津田慶彦君死去。

東京演芸協会の後輩にあたるサニムの津田慶彦君が脳出血で亡くなったとか。若手の少ない演芸協会で数少ない私より年下。後輩にもかかわらず、いつも「元気ですか?」と気軽に明るく声を掛けてくれた。つい最近まで元気だったのに。あまりに突然の事で……。

2013年11月25日月曜日

牧伸二先生お別れの会

新宿終わって、そのまま牧伸二先生のお別れの会へ。とにかく、無事に終わって良かった。

2013年11月23日土曜日

大相撲。その2

私の小さい頃の千秋楽と言えば、北の湖対輪島。必ず、左半身の体勢になる。そこから毎場所、1分以上の攻防になる。お互い手の内を知り尽くしているからなかなか動かないが、輪島の右と北の湖の左は激しい攻防をしていた。
プロレスで言うならジャイアント馬場対ハーリー・レイスといった感じかな。

大相撲

何日か前のスポーツ紙に北の湖理事長の稀勢の里に対する苦言が載ってた。左差しの方から行くから半身の体勢になりやすく上手が遠くなる。そのまま前に出るから逆転技を食いやすい。上手をがっちり持ってれば食わないと。
そういえば、理事長は輪島さんの黄金の左に散々、苦しめられたっけ。

2013年11月22日金曜日

覚せい剤

元Jリーガーが覚せい剤を売って逮捕されたが、その人から買って逮捕された歯科医師は以前、談志師匠がインプラントの為に通ってた先生。前座の頃、私もお供で付いて行った事がある。談志師匠がやってた話の泉にも出た事がある。残念ながら?談志師匠も私もそういうクスリは貰わなかったけど(苦笑)。

下痢

昨晩、12時頃、冷蔵庫に賞味期限から20日過ぎたエクレアがあったので食べた。
今日、昼間12時頃、急にお腹が痛くなり下痢。原因は間違いなくエクレア。以前、医者から聞いたが、腐った物を食べても、すぐに症状が出る事はないとか。消化するのに半日はかかるから。医者の言う事は本当だった。

2013年11月21日木曜日

談志師匠命日。

今日は談志師匠の命日。もう2年が経つのか。2年前の2月に東京ボーイズ先生の会で御一緒させて頂いた時に、ノン太の命名書を書いて頂いた(師匠が名付け親ではないけど)。それが最後になるとは、その時は思わなかった。ノン太も2歳。あと何年かしたら、命名書のありがたみを分かってくれるだろう。

2013年11月19日火曜日

川崎

川崎市の幸区の社会福祉協議会で一席。普段はなかなか一緒にならない、落語協会の風車さん、喬太郎師匠と一緒でとてもいい刺激になった。お土産に川崎大師名物の飴などをたくさん頂きました。

2013年11月16日土曜日

須賀川

今日は幸丸師匠の仕事で福島の須賀川へ。須賀川は2度目。最初の時は駅で迎えの方が「歓迎 マグナム小林先生」と書いた大きい紙を持ってて凄く恥ずかしかったっけ(笑)。
会場の仁井田小学校の体育館は夜になるとさすがに寒かったけど、たくさん笑って下さる、いいお客さんでした。

2013年11月13日水曜日

大人ぜんそく

大人になってからぜんそくを発症してる人が増えてるとか。うちのかみさんもこの間まで1ヶ月近く夜中の激しい咳が続いた。ほとんど寝られなかったからかわいそうだった。原因はいろいろあるみたいだけど、年間2000人くらい亡くなってるとか。私も小さい頃、ぜんそくだったから苦しさはよく分かる。

小泉発言。その2

小泉さんの発言をみんな斜めに見過ぎなんじゃないかな。特にマスコミは原発推進なのがありありだな。小泉さんの発言を支持するコメンテイターが1人もいない。たぶん、上から言われてるんだろうな。どっちを支持するわけでもないが、進次郎さんじゃないが、オープンに議論する事は必要だと思う。

小泉発言。

小泉さんの原発ゼロ発言を、もしも安倍さんが裏で糸を引いてるとしたら、安倍さんは相当な策士だな。安倍さんが原発ゼロと言う訳にいかないから、小泉さんに言ってもらうみたいな。そんな事はないと思うけど、もし、そうだとしたら、意外に全ての合点がいく。

ピース

保育園の帰りにいつも同じ自動販売機の前でピースするノン太。

自転車。

ノン太の保育園の送り迎えの為に自転車を買った。これから寒くなると往復40分歩くのはさすがに辛いから。自転車に乗るのは、今の家に引っ越してすぐに盗まれて以来だから6年ぶり。こんなにきつかったっけと思うくらい太腿がキツい。でも、ノン太が気に入ってくれて良かった。

2013年11月12日火曜日

大相撲

今日のNHKの大相撲中継の解説は元大関増位山の三保ヶ関親方。歌でも有名だが、本業の相撲では技師として有名だった。過去の名勝負を流していたが、福ノ花戦の内掛けを掛けて相手の体勢が崩れたところへ外掛けという荒技は凄いの一語。字面では伝わりづらいけど。こういう技師が今はいないなあ。

東京会館。

東京会館でパーティーの余興。今後の仕事を考えたら、失敗は許されない。ただ、うまくいくかどうかは、ある意味、お客さん次第。今日はいいお客さんに救われた。こうして、お客さんに救われる事もよくある。

2013年11月10日日曜日

ふなっこ寄席。

地元とも言うべき、船橋でのふなっこ寄席、とても温かいお客様で本当に、感謝です。ありがとうございました。

2013年11月9日土曜日

島倉千代子死去。その3

ちなみにその教務主任の先生は、その後、教頭として赴任した中学で、近くのどぶ川に万札が浮かんでるのを発見。確か、100万円くらいあったはず。でも、発見してすぐ警察に通報したので、拾ったのは警察官となり、一銭ももらえなかったとか。島倉千代子さんに負けた時以上に悔しかったらしい(笑)。

島倉千代子死去。その2

ちなみにその教務主任の先生は、中学の40周年の時に、あの芥川也寸志氏が作曲した由緒ある校歌を、いつの間にか合唱曲にしてしまった。今、考えると結構、むちゃな事をしてる。しかも、指導が厳しかった。
40周年の記念式典が終わって元に戻ったので、みんなホッとした(苦笑)。

島倉千代子死去。

私の中学の時の教務主任の先生は音楽が専門。その先生が、先生になった理由は歌のコンクールで島倉千代子さんに負けて準優勝だったから。優勝してたら歌手になっていたとか。そんな話をしょっちゅうしてた。よっぽど悔しかったのだろう。島倉さんの訃報を聞いて思い出した。ご冥福をお祈りしたい。

2013年11月8日金曜日

ポスティング。その2

ポスティングの件で岩隈や中島の悲劇なんて書かれるけど、交渉事なんだから、毎回うまくいくわけではない。殊更、悲劇というのはいかがなものか。交渉が失敗したら罰金を課すって言うけど、誰に対する何の罰金かよく分からない。今まで通りの方がまだいいという選手会の主張はそれなりに筋が通ってる。

ポスティング

ポスティングって完全な制度とは思わないが、そんなに悪い制度とも思わない。今回、変わったって言うけど、そんなに変わったとも思わない。罰金ったって大した額じゃないし。選手会の言う複数球団との交渉がしたければFAまで待てばいいわけだし。私はそんなにいじる必要はないと思う。

2013年11月5日火曜日

足袋

出掛けに極めてイラッとする出来事があった。そうしたら足袋を右右で持ってきてしまった。前座さんを見たら、先日、足袋を忘れた時にも貸してもらった遊松君がいたのでまた、貸してもらう事に。池袋は前座さんが少ないから遊松君がいてくれたのは不幸中の幸い。遊松君にとっては迷惑な話だけど(苦笑)。

2013年11月4日月曜日

お仕事終了。その3

私の母校は千葉市立の高校だったから、学区は千葉市内だけ。だから最果ての土気から来てる人は、同じ千葉市内なのに極めて田舎者扱いされた。もちろん冗談で。夕方なのに終電は大丈夫かなんて言われたり。弁当を電車に忘れて安房鴨川まで取りに行ってた人もいた。ちなみに土気は「とけ」と読みます。

お仕事終了。その2

今日、行ったお寺に2歳の女の子がいた。その子から普通に私に話しかけてられた。後で聞いたら、その子は普段は男の人が来ると逃げちゃうらしく、珍しいと言われた。うちに同じくらいの子がいるからかもしれないけど、もしかしたら、男と見られてないのかも(笑)。

お仕事終了。

市原のお寺で一席。檀家さんがお客さんなのだが、男性ばかり。男性ばかりというのは、かなりやりにくい。声に出して笑ってくれないから。金太郎師、私、金太郎師の順だったが、金太郎師匠がうまい具合にお客さんをほぐして下さった。ああいうのってなかなか難しいんだよなあ。さすがは金太郎師匠。

2013年11月3日日曜日

ながめ余興場。その4

ながめ余興場から見る渡良瀬川。森高千里の渡良瀬橋を思い出します。

ながめ余興場。その3

ながめ余興場との付き合いも長くなった。もう6、7年になるのではないか。いかにも昔の芝居小屋という風情も好きだし、いつもいいお客さん。スタッフの方々も一生懸命やって下さるし、本当に好きな小屋である。

ながめ余興場。その2

地震と言えば、末廣亭で私が暴れん坊将軍をやってる最中に来た事がある。私は飛んでるから気付かなかったが、お客さんが緊急地震速報で携帯を見て、それから上を見たので分かった。末廣亭、ミシミシ言うから怖かった。前座さんが袖の扉を開けたが、戻るわけにもいかず困った。ちなみに震度4だった。

ながめ余興場

ながめ余興場菊華寄席終了。第2部の私の出番の最中に地震。私は全然気づかなかったが、お客さんの「地震。」という声で気付く。何となく揺れてるなあとは思ったけど、立ってるとよく分からない。座ってる人の方が感じたみたい。震源に近いから震度3あったみたいだけど。

みのもんた。その2

日本人って本当、何でもかんでも辞めろ、辞めろって言うけど、辞める以外にも責任の取り方ってあると思う。もちろん、辞めた方がいい場合もあるけど、辞めた方が本人にとって楽な事が多い。辞めれば静かになるんだから。辞めると鬼の首を取ったような感じになる事に物凄く違和感を感じる。

みのもんた

みのもんたや阪急阪神ホテルは責められても仕方ないけど、そんなに寄ってたかって言うほどの事件とも思えない。国民の多くは直接、迷惑を被ったわけでもないし。関係ない人まで責めるのはいかがなものか。こういう事っていじめを助長してるとしか思えないんだけどなあ。

アントニオ猪木

猪木さんの行為もいいのか悪いのかは分からないが、辞めなきゃいけない事なの?と。国民に直接、迷惑をかけてるわけでもないし。国民に迷惑をかける法律や政策を作る議員の方がよっぽど辞めて欲しい。日本のマスコミは何でもかんでも辞めさせればいいという感じ。

山本太郎

山本太郎の行為って決して褒められたもんじゃないし、反原発を訴える人たちにとっても逆効果だと思う。
ただ、議員を辞めなきゃいけない事なのかなとは思う。別に我々国民に迷惑をかけたわけでもないし。悪い事してお金儲けたり、選挙でズルしたりする議員の方がよっぽど辞めて欲しいけど。

ノン太。その2

おいしいと、じゃないの?byノン太(笑)。

ノン太

うちのノン太は歌が大好き。しかもすぐ覚える。にほんごであそぼの茶碗蒸しの歌ももう覚えちゃった。
どんぐりコロコロはなぜか2番ばかり歌う。1番も覚えてるんだけど。2番のやっぱりお山が恋しいとの部分がどうしてもおいしいとになってしまう。食いしん坊だから仕方ないか(笑)。

日本シリーズ。その2

これで俄然、巨人が有利になったように見えるが、明日の先発の杉内がどうなのか。前回の登板の内容を見て、そんなにすぐに良くなるようには思えないんだけどなあ。みんなが巨人、巨人って言い出したし、明日は楽天が勝ちそうな気がするけど。

日本シリーズ。

今年のマー君はいい意味で熱くなる事はあっても、悪い意味で熱くなる事はなかった。今日はロペスに打たれて熱くなっちゃったな。あの後から高めに球が集まり出した。コースが良くても。それを見逃さない巨人打線がさすが。そして菅野が2点で食い止めた
のも勝因。

2013年11月2日土曜日

東京リズム劇場。

東京リズム劇場、観劇。タップのスペシャリストが集う舞台。この舞台に上がってる方々から見れば、私のタップなんて屁みたいなもの。この舞台を見るたびに、もっともっと練習しないと、私のをタップでございと見せる事が恥ずかしくなるという危機感を感じる。でも、あんまり練習してないけど(苦笑)。

2013年11月1日金曜日

日本シリーズ。その3

巨人は先発投手陣が弱いなあ。そこが唯一の弱点なのだが。第1戦以外は毎試合、先制点を許してる。短期決戦では先制点が大事なのに。仮にマー君を打ったとしても、第7戦の先発投手がいない。この間の内容では、杉内は投げさせられないだろう。そういう意味でも巨人は追い込まれてる。

日本シリーズ。その2

則本は同点にされた後をよく抑えたと思う。完全にサヨナラの流れだったから。
野球って不思議と同点で終わると次の回に相手に点が入る事が多い。同点にされて、打者の集中力が上がるからだろう。逆転されてしまうとガックリするせいか、次の回にあまり点が入らない。だから同点で抑えるのは大事。

日本シリーズ。

今日の日本シリーズ、一番の殊勲者は辛島だと思う。一度、火が付いた巨人打線を抑えるのは大変な事。その辛島を支えたのは1回の藤田の守備。あれがなかったら、辛島がどうなったか分からなかった。

市馬・三三二人会。

新宿で、市馬師匠と三三師匠の二人会。市馬師匠とは2年ぶり、三三師匠とは6年ぶりの仕事。どちらも久しぶりにお目にかかれて、落語も聞けて嬉しい限り。
出演者で芸協は私1人。高座で、「楽屋では私は芸協のスパイと言われてますが、実は芸協からの脱北者です。明日には連れ戻されますが(笑)。」

2013年10月31日木曜日

日本シリーズ。その3

阿部が不調と騒がれてるけど、短期決戦では主力打者はマークするもの。打たれるようでは終わり。だから、抑えられて当たり前。王さんだってシリーズではあまり打ってない。シリーズで4番がMVPになる事は少ない。むしろ1番の方が多い。そういう意味で長野に当たりが出だしたのは厄介だ。

日本シリーズ。その2

今日は巨人にもスキがあった。昨日に続いて先発投手が大量失点。先発投手は巨人の唯一の弱点である。
ただ、楽天の弱点はリリーフ陣。今日は楽天の弱点も出てしまった。昨日、アクシデントとはいえ、レイが2回も投げたのも影響したと思う。今日はマシソンを取っておいた巨人に分があった。

日本シリーズ。

今日の日本シリーズ、巨人、強いなあという印象。強いというのは勝てる試合を確実に勝つということ。相手のスキを確実に突いてくる。今日で言えば、宮川の自滅。そこから着実に点を追加していった。逆に、調子の悪い宮川を出して流れを変えてしまったのは楽天ベンチのミスだった。

川上哲治氏、死去。その3

金やんが名球会を作る時に、入会資格に昭和生まれとしたのは、川上さんや別所さんを入れたくなかったからっていうのは本当なのかな?

川上哲治氏、死去。その2

選手時代の川上さんを全く見た事がないから何とも言えないが、監督時代の川上さんってやっぱり凄いと思う。チームの戦力差の大きい時代だし、ONもいたけど、それだけでV9は出来ない。監督の仕事はチーム全体に緊張感を保たせる事。あれだけ長い間、緊張感を保たせる事が出来たのは川上さんだけだ。

川上哲治氏、死去。

川上さんって私は監督時代すら記憶にないんだよなあ。でも、その足跡を見たら、それこそ、国民栄誉賞をもらってもおかしくない。戦争さえなければ。戦争さえなければ、現役時代にもっと凄い数字を残しただろう。3000本打ったんじゃないかな。

2013年10月30日水曜日

日本シリーズ。

昨日の日本シリーズは先発投手の差としか言いようがない。巨人の右打者は美馬のシュートを嫌がってたなあ。それが今日以降も残像として残るかも。楽天としては巨人打線が眠ってるうちに終わらせたいだろうが、そうもいかないかな。
新聞にも書いてあったが、楽天の失敗を恐れない走塁は見事だ。

文都兄さん

昨日は文都兄さんの命日。もう4年も経つのかあ。思い出すのは、酔っ払って小言言ってる文都兄さんばかり。それだけでもないな(笑)。文都兄さんの落語、好きだったもんなあ。あの世で談大にでも小言言ってるのかな。それとも談志師匠に小言言われてるのかな。

2013年10月28日月曜日

ワールドシリーズ。

ワールドシリーズ第3戦、9回、最後の場面、あの判定は確かに微妙でどっちとも取れる。日本ならあれを守備妨害で取る審判は少ないかも。事なかれ的な審判が多いから。アメリカの審判は自分を出そうとするから、取るだろうな。いかにもアメリカらしいと思った。

日本シリーズ。その2

藤田の内野安打の判定はさすがにどうかと思うが、あれがなければ寺内のホームランもなかっただろう。1点差なら、寺内にあんな球は投げないだろう。
マー君は今日はかなり慎重だった。もっと真っ直ぐで押しても良かったと思う。もっと楽に抑えられたような気がする。

日本シリーズ。

マー君から点を取るには、やはり5、6番打者がポイントだな。3、4番がチャンスメーカーになりやすいから。高橋由はともかく、ロペスは打ちそうな感じがなかったからなあ。そんなロペスだが、1、2塁で1塁ランナーを牽制で刺した場面でのベースカバーのタイミングは見事。ロペスは曲者だな。

2013年10月27日日曜日

天皇賞

天皇賞はジャスタウェイが勝ったか。ハーツクライの子供が一番人気のディープインパクトの子供を倒す。歴史は繰り返すなあ。

日本シリーズ。その2

昨日の日本シリーズ、点差は2点だけど、大きな差を感じた。当たり前のプレーを当たり前にやる巨人に対し、肝心な場面でミスが出る楽天。これは経験の差かな。下手すると4勝0敗のスイープもあるかも。

日本シリーズ。

昨日の日本シリーズ、勝敗を分けたのは松井が三塁で刺された場面。結果的に暴走に見えるかもしれないが、そんなに悪いプレーだとは思わない。むしろ、ロペスが前に出て三塁に送球した判断を褒めるべき。ベースに付いて足を延ばして取ってから投げていたら、完全にセーフだし、それが普通だと思う。

蓮田

今日は小文治師からの仕事で蓮田の老人ホームへ。大変、いいお客様でした。老人の方々より職員の方の方が笑ってたけど(笑)。
老人ホームの施設案内に特殊浴場と書いてあってビックリ。よく見たら特殊浴槽でした(笑)。

2013年10月26日土曜日

日本シリーズ。その2

楽天はマー君で2勝出来なきゃ日本一はない。マー君を打つにはやはり初回。鍵を握るのは5番打者。初回にチャンスで回ってくるから。5番が打つかどうかで試合が決まると言っても過言ではない。高橋由かロペスか、誰を入れるかでもまた変わってくる。

日本シリーズ。

楽天が巨人に勝つための条件は最初の2連戦を連勝、そしてマー君で2勝。巨人は仙台では寒さにかなり苦戦すると思う。寒いとスイングが鈍るのでどうしても打者が不利。マリーンズもそれにやられたと言ってもいい。逆にドームに行けば圧倒的に巨人有利だから、仙台で1つ負けたら、ドームで終わるかも。

2013年10月25日金曜日

浅草、学校寄席。

朝から浅草で学校寄席。今日のお客さんは我が地元の千葉商業の生徒さん。ラッシュで大変な思いをして浅草に行くくらいなら、私が千葉商業に行く方がよっぽど楽なんだけど(笑)。よく笑う生徒さんたちで助かった。これで地元で悪口言われずに済む(笑)。

2013年10月24日木曜日

ドラフト。その4

西武は森を指名したはいいけど、どう使うのかな。銀ちゃんいるけど、捕手なのかな。銀ちゃんのFAを睨んで。それとも思い切って野手にするのかな。かつてのヤクルトの飯田のようにセンスがあるからどこでも守れそうだけど。育成に定評のある西武だから、結論は出てるんだろうけど。

ドラフト。その3

とは言うもののマリーンズは鈴木、加藤で2年続けて大学出身野手で成功してる。今年は三木か。評価は高いようだから、根元、今江を脅かす存在になって欲しい。
今年は6人指名したか。マリーンズにしては攻めのドラフトだった。

ドラフト。その2

ドラフトっていまだに賛否両論あるし、指名される方は大変なんだろうけど、私はドラフトってこれからこういう選手がこのチームに入りますよっていう、ファンに対する披露目だと思う。プロは名前を売るのも重要だし、そこで名前が広まるのは悪い事じゃない。ある意味、私は儀式みたいなものだと思う。

ドラフト

野手を1位で指名する球団って攻めてるなあって思う。どうしても即戦力の投手が欲しくなるもの。でも、そんな場当たり的な事をやっていたら強くならない。それってロッテか(苦笑)。西武は森を単独指名。西武のスカウティングは定評があるから、森の能力は相当という事だろう。

2013年10月22日火曜日

笑っていいとも終了。その7

いいともに出た後、どれだけ反響が来るかと思ったが、全然なし。朝のオーディションがあるから出られるか分からないので、ほとんど誰にも言わなかったのもあるが、まるで反応なし。いいともって皆、そんなに真剣に見てないもんなあ。
でも、その晩行ったもんじゃ焼き屋の店員さんには言われたっけ。

笑っていいとも終了。その6

スタジオのセットって、裏から見ると恐ろしくちゃっちい。いいとももテレビで見ると華やかに見えるが、裏から見たらこんなもんかと思った。
あの時タモリさんの台本って紙切れ1枚だった。あれでよく1時間の生番組が出来ると感心したものだ。
出演記念のタモさんストラップは今も大事に持ってる。

笑っていいとも終了。その5

いいとものオーディションは通ったが、今度は素人を装って出てくれとディレクターに言われる。他に出るのが吉本の芸人だから、バレバレなんだけど。当時は、タップのネタはやってないから、物の音ネタだけ。当時は今より視聴率も良かったし、全国放送だから、物凄く緊張したのを覚えてる。

笑っていいとも終了。その4

実は私も笑っていいともに出演した事がある。約10年前、制作会社の人から出てくれと言われて行ったら、例の10時からのオーディション。第2のはなわコンテスト。楽器で面白い事をやる人って事。当時はナイツのはなわ君より兄貴の方が全然売れてた(笑)。

笑っていいとも終了。その3

テレホンショッキングの有吉佐和子さんの番組ジャックは、見ててドキドキしたなあ。あの頃のテレホンショッキングはまだ、なま物だった(笑)。黒柳徹子さんも同じような事をやってたなあ。蝶野がお友達の紹介で初めましてって言っちゃった事もあったなあ。

笑っていいとも終了。その2

最初の頃のいいともって、今みたいなお子ちゃま向けでなく、タモリ倶楽部的な要素が多分にあった。ドン川上さんとプリティー長嶋さんの来たかチョーさん、待ってたドンなんてその最たるもの。さんまさんとのトークコーナー、渡辺正行さんのコーラの一気飲みも懐かしい。

笑っていいとも終了。

笑っていいともも終了か。かつて中学の生徒会役員選挙に出た時に立会演説会で「投票してくれるかな?」「いいとも!」とこっぱずかしいセリフを吐いた私としては時の流れを感じる。あの頃のいいともは勢いがあったなあ。

学校寄席。その3

今日、スピードワゴンの小沢さんと話した時も、先日、ユリオカさんと話をした時も話題になったが、2人とも寄席に出たいと。最初はお世辞なのかと思ったが、結構、本気みたい。30代後半過ぎると若手のライブに出る訳にもいかず、営業以外でネタをやる機会が減ってくからなあ。結構、切実な問題だ。

学校寄席。その2

演芸ホールの学校寄席終了。PM3:25〜東洋館、PM6:30〜演芸ホールの代演。あと8時間浅草にいないと。寄席のワリより浅草にいる滞在費の方が金がかかる(苦笑)。

学校寄席

ノン太をいつもより1時間半早く保育園に連れて行って、大急ぎで浅草演芸ホールの学校寄席へ。今日は埼玉の高校三年生。よく笑ってくれる生徒さんで助かった。私の後はスピードワゴンが登場。生徒さんたち、大盛り上がりだった。

2013年10月21日月曜日

楽天、日本シリーズ進出。

楽天、日本シリーズ進出おめでとう。今年の楽天は本当に強いと思わせる試合だった。日本シリーズで巨人と互角に戦えるパのチームは楽天しかいないから、楽天に勝ってもらわないと。山は第3戦だったな。美馬に完封された時点で終わり。今日は両外国人に尽きる。外国人の差だな。

2013年10月20日日曜日

菊花賞。その2

菊花賞と言えば、メジロマックイーンも忘れられない。あの時は4番人気でしかなかったんだから。ライアンもホワイトストーンもいたんだよなあ。そして内田浩一騎手の唯一のG1勝ち。あの頃は若い騎手を我慢して乗せてくれたんだよなあ。

菊花賞。

菊花賞と言えば、まず、ライスシャワー。あのミホノブルボンを倒した時に歴史は変わった。握り締めていた単勝が懐かしい。でも、あの時、差し返したブルボンも凄かった。菊花賞の名勝負中の名勝負だな。

芸協らくごまつり。その4

芸協らくごまつり。去年は枝太郎さんと今輔さんプロデュースの企画があったが、今年は昇也君、可龍さんの企画も加わり、私も体験教室で企画を通して頂いた。企画が通れば、若手も責任を持ってやるから、やる気になる。来年はもっといろんな人の企画が出てくれば、もっと楽しいまつりになるだろう。

芸協らくごまつり。その3

芸協まつりの後、池袋演芸場へ。そして北越谷のお祭りの営業。まつりでI—1グランプリも出てるから、今日は3席。しかも、まつりの間はほとんど立ってたから、もはや足は棒のよう。雨だったし、客席と舞台が離れてる悪条件の中、北越谷のお客さんは、とても熱心に聞いて下さったのでありがたかった。

芸協らくごまつり。その2

芸協らくごまつり。今回の体験教室は、若手の方々に講師をお願いしました。寄席文字、川柳以外は芸協まつりでは講師初体験の方々ばかりでしたが、本当に一生懸命やって下さいました。こちらもお願いした甲斐がありましたし、感謝、感謝です。

芸協らくごまつり

今日は芸協らくごまつりにご来場頂きありがとうございました。雨の中、多数のお客様のご来場を頂き、感謝です。私が担当した体験教室も、多数のお客様が来て下さり、盛況のうちに終える事が出来ました。特に初の試みだった、なぞかけ教室が大盛況だったのは、こちらとしてもやった甲斐がありました。

市田邸

昨日は上野桜木の古民家、市田邸で一席。建物は100年以上のもの。もともとは商家だったとか。そういう場所をビールを飲みながら散歩するというイベント。私以外の出演者は皆、ちゃんとしたミュージシャン。でも、お笑いを受け入れてくれるいいお客さんだった。

2013年10月18日金曜日

宝井一凛さんの真打ち披露興行。その4

今でも10.19を思い出すと涙が出てくる。中西太コーチと今は亡き鈴木貴久が抱き合ってゴロゴロ転がってる姿。膝に手を付く阿波野。勝ちがなくなり足取り重く守備に付く近鉄ナイン。必死に上を向く仰木監督。あんな切ないドラマはかつて見た事がない。今日はそれを一凛さんの思い出させてもらった。

宝井一凛さんの真打ち披露興行。その3

一凛さんの講談、10.19川崎劇場は近鉄愛に満ち溢れた作品。あの時の事が鮮明に蘇ってくる。素晴らしい試合だった。
あれから25年。近鉄がなくなり、近鉄がなくなった事により誕生した楽天と、10.19で近鉄と戦ったロッテが25年後の同じ日に日本シリーズ出場を賭けて戦ってるのは因縁か。

宝井一凛さんの真打ち披露興行。その2

一凛さんの今日の題目は「近鉄講談 10.19川崎劇場」。こういうネタを真打ち披露にかけるのは一凛さんらしい。明日は10.19だもんなあ。あれから25年か。この作品はパの会が生んだ最高傑作と言っていい。今日もいらしていた佐々木信也さんが自分の番組でぜひ、やって欲しいと言って下さったネタだ。

宝井一凛さんの真打ち披露興行。

パ・リーグを愛する落語会、WWWでご一緒させて頂いてる、講談の宝井一凛さんの真打ち披露興行を見に行く。そもそも2つの会に一凛さんが出るきっかけを作ったのは私。しのばず寄席で一緒になった時にパの会の話になり意気投合。一凛さんは私を逆ナンして出させて頂いたと言ってるようだけど(笑)。

2013年10月16日水曜日

台風。その5

車に乗ってる時に、道路の真ん中や、側溝に嵌まってお釈迦になった車を4台見た。うちの車もそうなってたかもしれないから、反省しないと。これ以上行ったら危ないって所で引き返したからまだ良かったけど。冠水、恐るべし。

台風。その4

堤防の決壊でなく、下水で冠水するというのを思い知らされた。正直ナメてたし、反省してる。冠水っていうか、浸水してる所もたくさんあったし、こういう形の洪水もあるというのを覚えておかないと。川の氾濫を警戒するニュースはやっても、下水から溢れての浸水って言ってくれないから気をつけないと。

ガード下

川ではありません。東西線と京葉道路の下を通る道路です。

台風。その3

これだけ凄い冠水はここに住み始めて6年で初めて。冠水の原因は川の氾濫でなく、下水があふれたようだ。家は道路より高くなってるから大丈夫だけど。なぜ高くなってるかというと昔は川がよく氾濫したかららしい。最近はそれはないみたいだけど、下水で冠水するとは。

台風。その2

西船橋駅周辺は冠水してないけど、東京方向は全く車が動かない。だから帰れない。家の周りが冠水してるから帰りたくないけど。ノン太が焼き芋の歌で和ませてくれてます(笑)。

台風

家の周りは20cm以上冠水。道路が川になってる。かみさんの仕事があるから、強引に車で出たけど、すげぇ怖かった。どこまで行ってもひどい冠水で引き返す。ノン太の保育園の周りも冠水してるみたい。
何とか西船橋まで出たが、ニュースで言ってないけど総武線も止まってるみたい。

2013年10月15日火曜日

渡辺監督辞任。その5

西武のシーズン終盤の快進撃は片岡や中村の復帰もあるけど、一番大きかったのは涌井の抑えの固定。これで投手陣の役割分担が明確になり、戦いやすくなった。涌井自身も抑えは俺だと思ってただろうから、昨日の中途半端な場面の登板は心の持っていき方が難しかったと思う。

渡辺監督辞任。その4

渡辺監督の功績は大だと思う。1人レギュラーを育てるのだって大変なのに、栗山、片岡、炭谷、中村を完全なレギュラーに育て上げ、今年も浅村と秋山をレギュラーに定着させた。人を育てるには人を見る確かな目と相当な我慢が必要。それが出来る監督はなかなかいない。

渡辺監督辞任。その3

渡辺監督は投手出身の割には投手の育て方ややりくりがあまり上手じゃなかったんだよなあ。それが出来たら名監督だったんだけど。毎年、リリーフ陣が整備出来ないのが弱点だった。でも、今年は菊池や十亀、野上、増田が出てきたから、来年は怖いなあと思っていたんだけど。志半ばというところかな。

渡辺監督辞任。その2

皮肉な事に渡辺監督が育てた事でチーム力はパでも1、2を争うのに、優勝が出来ないという自己矛盾の状態になってしまった。6年というのは1人の監督がやるにはちょうどいいかもしれない。それ以上やるとマンネリになってしまう。渡辺監督はまだ若いし、またユニフォームを着る機会が必ず来るだろう。

渡辺監督辞任

渡辺監督は人間的にも好きなので、優秀な監督だと思うので、辞任は残念だな。今のレギュラーのほとんどを育て上げ、育てながらずっとAクラスを確保してきたわけだから。生え抜きだけで日本で1、2を争う打線を作り上げたのだから凄い。巨人だってソフトバンクだってFAで補強してるんだから。

2013年10月14日月曜日

マリーンズ、ファイナルステージ進出。その4

マリーンズが短期決戦に強いのはバレンタイン監督時代に植え付けられたポジティブシンキングがあると思う。だから、のびのびやれるのだと思う。私はそれほどボビーは好きではなかったけど、これはボビーの遺産だと思う。

マリーンズ、ファイナルステージ進出。その3

今日の勝因は内に尽きるでしょう。6回のピンチを1点で食い止めてくれた。第1戦の西野といい、伊東監督の継投も見事だったし、選手もその決断に応えた。

西武は8回の涌井の中途半端な使い方が悔いが残るのではないか。回の頭から出してれば結果も違ったと思う。

マリーンズ、ファイナルステージ進出。その2

シーズン最終戦で西武がロッテに勝った時に、西武はここで運を使っちゃったかなって思ったんだよなあ。そして、昨日、西武が大勝した時、こういう試合の後って難しいんだよなあと思った。いい事の後には必ず悪い事が来る。いい事ばかり続かないけど、悪い事ばかりも続かない。そんな一週間だったかな。

マリーンズ、ファイナルステージ進出。

マリーンズ、勝っちゃった。本当、下克上アゲインなんて大それた事は全然、考えてなかったんだけど。
楽天は内心、ホッとしてるかな。勢いのついた西武の方が怖かっただろうから。そういう油断をしていてもらうとありがたいけど(笑)。

2013年10月13日日曜日

いしだちゃん祭り

いしだちゃん祭り。ユリオカさんはまだしも、私やモロさんなんかは、まず、若いお客さんに受け入れられるのかが心配になっちゃう。それだけおじさんになったという事なのかな。でも、若手のライブって物凄く刺激になるから、いくつになっても出たいんだよなあ。呼んでもらえればの話だけど。

いしだちゃん祭り

いしだちゃん祭り。
久しぶりに若手芸人の集まるライブの出演。しかも、山形の大人しいお客さんを昼間、相手にやってきたから、私的には物凄い違和感。でも、とりあえずお客さんは違和感なくウケてくれたのでホッとした。

秋華賞。その3

ファビラスラフィンはその後、ジャパンカップで僅差の2着。相手がシングスピールだったから、相手が悪かったな。もし、あのジャパンカップを勝っていたら、もし、あのまま現役を続けていたら、名牝と呼ばれただろう。
そういえば、今年、亡くなったんだな。改めて、合掌。

秋華賞。その2

秋華賞で思い出すのは第1回のファビラスラフィン。あの時はエアグルーヴが断然人気。ファビラスラフィンは前走NHKマイルで1番人気を裏切り、休み明けだったので人気がなかった。距離不安も言われたが、1600mの重賞を勝ってるし、人気の盲点だったので単を買った。確か2000円くらいついたはず。

秋華賞。

メイショウマンボは強いなあ。逆に桜花賞の惨敗は何だったんだろう。あれがなければ、もっと人気になっただろうに。地味な幸四郎が乗る分も人気にならなかったんだろうが、幸四郎は技術はあるからなあ。今まで乗り馬に恵まれなかっただけで。技術が高い事はオークスと今日で実証出来たのではないか。

いしだちゃん祭り

山形から帰ってきてその足で渋谷のシアターDへ。シアターDってセンター街にあった頃は出た事あるけど、今の場所は初めて。その頃、よく一緒になったのがあばれヌンチャクだったけど。
久しぶりに若手芸人の集まるライブの出演。しかも、山形の大人しいお客さんを昼間、相手にやってきたから、私的には物凄い違和感。でも、とりあえずお客さんは違和感なくウケてくれたのでホッとした。ユリオカさんはまだしも、私やモロさんなんかは、まず、若いお客さんに受け入れられるのかが心配になっちゃう。それだけおじさんになったという事なのかな。でも、若手のライブって物凄く刺激になるから、いくつになっても出たいんだよなあ。呼んでもらえればの話だけど。

山形

10/11、12と山形放送の仕事で山形に。山形は金太郎師匠のおかげでちょこちょこ行かせて頂いているが、山形市は初めて。
11日は山形放送ピヨ卵ワイドに出演。テレビの生放送は久しぶりだから少し緊張。時間も短いし、テキパキやらなきゃいけないし、かといってトークもしなきゃならないから気を遣う。でもアナウンサーさんのフォローで何とか無事終える事が出来た。
その晩は山形の地酒で一杯。うまかった。
12日は川西ダリヤ園からのラジオの公開生放送。朝から雨が降ったり、晴れたり変わりやすい天気。本番前からは本降りの雨。ステージはテントがあるとはいえはビシャビシャ。しかも寒い。最悪のコンディションだったが、川西町に来る事もなかなかないので、やれるだけの事を精一杯やる。アナウンサーさんやスタッフのフォローもあって、何とか生放送を終える事が出来た。雨が降ってなきゃ、もっとよくダリヤを見たかったんだけど、でも、きれいだった。
楽しい山形2日間だった。

2013年10月7日月曜日

飯伏。その7

そういう大社長がいるからこそ、飯伏はDDTを離れたくなかったんだと思う。金では買えない、男と男の絆を感じた。
だからといって、新日本を悪く言ってるわけじゃない。飯伏という宝をこのままにしておくのは惜しいという気持ちからの決断だったのだろう。新日本の売り出し方に注目したい。

飯伏。その6

新日本から飯伏の移籍の打診が来た時、高木大社長は気持ち良く送り出そうとしたとか。自分の団体の事を考えたら、飯伏のようなスター選手をそう易々と出せない。そこをプロレス界全体の事を考えて決断した大社長の懐の大きさにプロレスファンとして感謝。

飯伏。その5

新日本で大スターになった飯伏がDDTに出場すれば、DDTだってファンが増えるから、DDTにとっても悪くない話。
心配なのは試合数が増えることによる怪我。昔のレスラーは年間200試合以上やってたけど、飯伏の試合スタイルは昔とは比べ物にならない。選手生命を失うような怪我をしない事を祈るのみ。

飯伏。その4

飯伏の試合を見れば必ずファンも増える。現に私の周りでも何人も一度見ただけで飯伏のファンになった人は何人もいる。新日本なら売り出し方もうまいし、大スターになるかも。

ただ、飯伏はDDTを絶対に離れたくない。そこで出たのが、今回の契約だろう。これなら八方丸く治まる。

飯伏。その3

飯伏はプロレス界全体の宝である。ただ、DDTだけで飯伏を世間に売り出すにはどうしても限界がある。これまでも新日本に参戦していたが、DDT所属では試合数も限られる。試合数が少ないとなかなか名前が浸透しない。新日本の所属になれば、今まで飯伏の試合を見てない人も目にする機会が増える。

飯伏。その2

プロレス界のみならず、どの世界も会社同士のしがらみがあって、業界全体を盛り上げようというふうにならないものだが、今回の飯伏の件は、プロレスファンとして嬉しい限りだし、プロレスファンとして高木大社長と菅林会長の英断に感謝である。

飯伏

DDTの飯伏がDDT、新日本両団体と契約したとか。これはプロレスのみならず、ショービジネスの世界では前代未聞であり、画期的な事。今のプロレス界で、一番、凄い試合が出来て、一番、お客さんを呼べるレスラーを、プロレス界の為に生かす最良の手段だと思う。

ミュージカル。その2

その女優さんがちゃんとした芝居をやってるのは知ってたけど、私のライブなんか比べ物にならないくらい完成されたミュージカルだった。私のライブなんかとバーターなんて言って下さり、ただただ恐縮。今にして思えば恥ずかしい限り。私のライブも楽しかったと言って下さった女優さんの懐の深さに感謝。

ミュージカル

恵比寿でミュージカルを見た。その芝居に出てる女優さんに、以前、私のライブのチラシを渡したら、「私も芝居があるからバーターね。」と言って来てくれた。来てくれた以上、私も行かねばという義務感ばかりでなく、純粋に久しぶりにミュージカルを見たくなって見に行った。

2013年10月6日日曜日

運動会。その3

他の家も運動会に一族郎党で来ていたが、うちも、かみさんのお姉ちゃんに私の母。5月までお世話になったファミリーママさんも来てくれたのは嬉しかった。ノン太の成長ぶりに驚いていた。ノン太は人見知りで忘れたようなフリをしていたが、ちゃんと覚えていた。

運動会。その2

運動会のメインはかけっこ。他の子があまりきちんとやらない中、ノン太だけは先生の言う事を聞いて、忠実に、位置についてヨーイのポーズをする。これも家で練習してた。私も一緒にやらされた(笑)。心配されたスタートも決め、1着でゴール。ゴール前で戻ろうとしたのはご愛嬌だけど(笑)。

運動会

昨日はノン太が保育園に入って初めての運動会。あいにくの雨で体育館での実施。ノン太がやるのは体操とかけっこと親子競走。体操は家で1人で一生懸命に練習した甲斐があってちゃんと出来た。数カ月前のノン太なら、ただ、指を加えて見てるだけだっただろう。成長ぶりにちょっと目頭が熱くなった。

昭島

今日は昭島の街道寄席で一席。街道寄席のスタッフの準備などの速やかな対応、集客力にはいつも感心する。地域寄席では八起寄席とともにお手本になる。ぜひ、他の地域寄席の方々も参考にして頂きたい。なかなか難しい事なんだけど。

ヤッくん。その2

その当時のヤッくんはネタも考えてたし、頭が切れる人だなという印象だった。人当たりもいいし、何年か前に準強姦罪で起訴されたけど、そういう事をする人には見えなかった。有吉君のようにどん底から這い上がってくるんじゃないかと思ってた。まだまだ若過ぎるよ。ご冥福をお祈りしたい。

ヤッくん

ヤッくんの訃報は驚きと共に残念でならない。今から、10年以上前、彼がまだあばれヌンチャクでコンビでやってた頃、よくライブで一緒になった。若手のライブでは私に話しかけてくる芸人はいないのだが、彼はいつも私に声をかけてくれた。ヤッくん、よく私に芸名変えましょうよって言ってたっけ。

2013年10月4日金曜日

浅草。その3

続き。高校生たちもせっかく来てくれたのだから、寄席は面白い所だと少しでも思ってもらいたいし、私の役目でもあるし。幸い、今日の高校生は反応が良かったので、こちらもやりがいがあった。それにしても、学生以外のお客さんが少ないのには驚いたなあ。何かあったのかな。

浅草。その2

続き。高座に上がると客席の九割が学生。学校寄席かと間違うくらい。高校生の団体は昼席や夜席でもよくあるが、ここまで他のお客さんがいないのは初めて。落語に反応が薄いのも、めくりでざわついたのもそういうわけか。急遽、頭の中でネタの順番の入れ替え。学校寄席モードに切り替える。

浅草

今日はナイツの代演で広小路亭の後、浅草へ。私は普段、出番前に客席を見ない。特に理由はないけど。今日も見なかったが、随分、静かなお客さんだなあとは思った。私の出番でめくりが出て、客席ザワザワ。ナイツの代演という事を加味してもいつも以上のザワザワ。 ちょっと変だなと思いながら高座へ。

2013年10月3日木曜日

村田さんと袴田さん

報道ステーションの村田さんと袴田さんの特集を見た。あの2人の絆は尋常なものではない。見ていて涙が出た。他人はノーサインなんて簡単に言うけど、捕手の経験のある私からすればまさに神業。ましてや村田さんの球なら。袴田さんはもっともっと評価されていいと思う。

古城引退。

古城は日本ハムで芽が出ず、巨人で開花した珍しい選手。俗に言う、野球をよく知ってる渋い選手。こういう選手は大好きだし、そういう選手が花開いたのは本当に良かったと思う。巨人という物凄い逸材が居並ぶ中で頭角を表した選手の実力は伊達ではない。引退は惜しい。

2013年10月2日水曜日

ノン太。その3

日曜まで相撲をテレビでやってたせいか、ノン太がお相撲しようと言うようになった。ちゃんと蹲踞もして仕切りもする。一つ、気になるのが、相撲を取る前に、「次、パパ勝つ。」「次、ノン太が勝つ。」と意味深な事を言う。それって八百長だろ。分かってて言ってるならびっくりだけど(笑)。

ノン太。その2

保育園に入って4ヶ月、毎朝、ノン太は保育園に着くと泣いた。私とノン太の追っかけっこは毎朝の恒例行事。それが突然だから、そりゃあ驚く。トイレでおしっこまでするようになり、急にいい子になったから親として戸惑うばかり。これで風邪などで休まなければ、このままいけるんだけど。

ノン太

ノン太が今週に入って、朝、保育園で泣かなくなった。何かきっかけみたいなものがあったわけでもなく突然だったので、先生も私もクラスメートもびっくり。1日なら偶然かもしれないが、3日間、泣かなかったから本物なのだろう。

静岡

昨日は柳朝さんと静岡の老人ホームに行ってきた。静かなお客さんだったので、大正演歌から入る。いつものようにノンキ節から始めて、次は金色夜叉と言って、歌い出したら籠の鳥だった。曲調が似てるからたまに間違えるんだけど。お客さんも何の疑いもなく、つられて籠の鳥を歌ってたからいいか(笑)。

2013年9月30日月曜日

溝の口。その2

今のところ、死ぬまで芸をしていたいとは思ってないけど、その年になったらしたくなるのかな。まあ、老後と言われる歳まで生きていられるかどうかも分からないけど(苦笑)。

溝の口

溝の口の老人ホームで仙丸さんと仕事。今日の老人ホームは入るのに結構、お金がかかりそう。こういう所で仕事をする時に思うのは、自分の老後ってどうしてるんだろうと。こういう所で静かに暮らしてるのかなとか。今、考える私の一番幸せな老後は毎日、野球や競馬が見られる生活。お金があれば(苦笑)。

2013年9月29日日曜日

薮田引退。

薮田、引退かあ。去年、あの年齢で抑えをやったんで選手寿命を縮めちゃったかな。先発でくすぶってる時期の長かったから、もっと早く適性を見つけられたら、もっと活躍出来たと思う。2005年に優勝した時の薮田は素晴らしかった。薮田なしでは優勝はなかっただろう。

ホンダ市川店で一席。

ホンダ市川店で初音さんと一席。ショールームでやるのは初めて。いいお客さんだったし、いい雰囲気でやらせて頂いた。ちなみにうちの車はホンダじゃないんだけど(笑)。

2013年9月27日金曜日

カープCS進出。その3

試合の7割を決めるのは先発投手。特に短期決戦では先発投手が揃ってるチームが優位。セでCSに進出するチームで一番、先発投手が揃ってるのはカープ。先発投手の質量なら巨人をも上回る。打線次第では下克上が起こる可能性がないとは言えない。

カープCS進出。その2

カープの若手の中で今年、伸びたのは丸と菊池。特に菊池はセカンドの補殺のリーグ記録を作った。補殺が多いという事は守備範囲が広いという事。まだまだとんでもないエラーをする事はあるけど、確実に投手を助けてるという事。野村監督もよく我慢して使ったと思う。

カープCS進出。

カープファンでも若い人はカープ全盛時代を知らない人が多いんだよね。そういう人のためにもカープのCS進出は意義がある。でも、CSに出るからには5割はいってもらわないとね。今の調子なら行けると思うけど。