出演情報


バイオリンエンターテイナーのマグナム小林です。擬音ネタや大正演歌、タップダンスをしながらのバイオリン演奏などをしています­。落語芸術協会、東京演芸協会に所属。新宿末廣亭や浅草演芸ホールなどに随時出演しています。 趣味は野球(千葉ロッテマリーンズのファン)、プロレス、大相撲、競馬などのスポーツ観戦、鉄道、昭和歌謡です。

YouTubeに、私のネタをアップしました。ぜひ、ご覧ください。
http://www.youtube.com/user/MagnumKobayashi

ツイッター始めました。フォロー、よろしくお願いします。
https://twitter.com/mag76k

 
 

    ★☆★ 12/27 マグナム小林芸能生活20周年ライブ&パーティー ★☆★

 

私、マグナム小林、今年で芸能生活20周年を迎えました。

何度もあった芸能生活の危機を乗り越えられたのも皆様のご支援、御協力の賜物です。

そこで感謝の気持ちを込めまして、20周年記念のライブとパーティーを開催いたします。

ライブには超大物落語家、パーティーには往年の名歌手の出演が決定しております。

興味のある方は御連絡下さい。よろしくお願い致します。


    ● 会場: ホテルグリーンタワー幕張3Fメイフェア

    ● 時間: ラ イ ブ  PM4:00開演

        パーティー  PM6:00開演

  


出演情報

落語芸術協会定席

12月16日~20日 池袋演芸場 PM5:00~5:15

12月21日~27日 浅草演芸ホール PM0:45~1:00(桧山うめ吉さんと交互出演)

1月1日~5日 池袋演芸場 PM6:00~6:10

1月6日~10日 新宿末廣亭 PM6:00~6:10

1月11日~20日 国立演芸場 PM1:15~1:30(16日はPM6:15~6:30も)


東京演芸協会定席

12/23 浅草東洋館 PM3:25~3:40

12/24 浅草東洋館 PM2:55~3:10



結婚式、新年会、忘年会、お誕生日会など各種パーティーの司会、余興などお気軽に御用命ください。

テレビ、ラジオ、どんなに小さなFM局からケーブルテレビ局まで、何でもやりますので、レギュラー番組ください。

雑誌、インターネットなどの原稿といった書く仕事もどしどし募集してます。

昔懐かしい大正演歌、バイオリン演歌もやってます。聞いてみたいという方はご連絡ください。

お仕事の御用命は右記のメールアドレスまでお願い致します。 mag76@ezweb.ne.jp

2014年2月28日金曜日

ネタおろし。その3

浅草での本当のネタおろしの時に期せずして手拍子が起こった。非常にありがたい事なのだが、ネタおろしの時はリズムが狂いそうなのでとても怖い。シーンとされるのも嫌だけど、それはまだ覚悟してるから。
ちなみに、新ネタ、つまらないと思ったら、さっさと封印するので見たい方はお早めに(苦笑)。

ネタおろし。その2

大ベテランのボンボンブラザースの先生方だって、今でも新ネタに挑戦するし、新ネタをやる時は緊張してる。出番前に楽屋で何度も練習するくらいだから。
今日の私の新ネタはとりあえず、最後まで行ったから良しとするか(苦笑)。

ネタおろし

浅草、下丸子終了。今日は意を決してタップのネタのネタおろし。何日も前から、今日こそやるぞと思いながらビビって出来なかった。それくらいネタおろしは緊張する。間違えるのもさることながら、最後まで行かなかったらという恐怖。でも、それから逃げてたらネタは増えない。

2014年2月26日水曜日

両国。その2

両国駅の改札から下のホームに出る階段に飾られた雛人形。

両国

両国駅の下のホームってまだ使えるんだあ。昔は急行の発着、最近までは荷物列車が来てたなあ。

コパノリッキー。その4

サンドピアリスのエリザベス女王杯はさすがに馬券は取れなかったけど、人生で初めての万馬券はホクトベガが勝ったエリ女。2着のノースフライトから流してた。ベガはベガでもホクトベガの時。ホクトベガはG2だった頃のフェブラリーSでも高配当をもたらしてくれた。ホクトベガに改めて合掌。

コパノリッキー。その3

サンドピアリスは京都の2400mでは異常に強かったんだよなあ。京都大賞典や京都記念でも好走してるし。それはエリザベス女王杯の時点では全く分からなかったし、他では全くダメだったけど。サンドピアリスが出走すると必ずパドックに、二度ある事はサンドピアリスって横断幕があったなあ。

コパノリッキー。その2

G1の単勝配当では2位か。ダイユウサクは抜いたな。ダイユウサクは最低人気ではなかったし。最低人気のG1勝利はサンドピアリス以来か。サンドピアリスの時はフルゲートが24頭だったし、もう、あの記録は抜けないだろう。あの時は一番人気のシャダイカグラがビリだっだんだよなあ。

コパノリッキー。

コパノリッキーは3歳の春までの実力を見たら、これくらいやってのけて当然だけど、骨折明けの内容があまりにも悪かったからなあ。展開が向いたのもあるけど、ダート、しかも東京の1600mは、フロックでは勝てない。復調していたという事だろう。

暴れん坊将軍

暴れん坊将軍のリニューアル、なかなか進みませんなあ。昨日も今日も東洋館では成功したけど、演芸ホールでは失敗。確率5割だな。まあ、覚悟はしてたけど。でも、遅くとも来月半ばまでには完成させないと。完成させないといけない事情があるんで。

2014年2月25日火曜日

浅草

居酒屋で誰も聞いてない営業の後、浅草へ。演芸ホールの高座が天国に思えた(笑)。誰も聞いてない舞台が2日も続くとさすがに精神衛生上、良くない。昨日と違って今日は居酒屋で烏龍茶が1杯だけ出たから、良しとするか(苦笑)。

2014年2月23日日曜日

各務原

各務原から東京駅に到着。岐阜羽島に早めに着いたので、1本早いこだまに乗れるので、こだまに乗って名古屋でのぞみに乗り換えようと圓楽師。売れてる師匠方は皆さん、1本でも早く東京に帰ろうと必ずおっしゃる。ゆっくり帰ろうと言う師匠で売れてる方はいない?かな(苦笑)。

2014年2月22日土曜日

マグナム小林ライブ

マグナム小林ライブ、無事終了致しました。本当に多数のお客様にご来場頂き、感謝、感謝であります。反省は山ほどありますが、一番は、暴れん坊将軍くらいは冒険せず、普通にやれば良かったと思ってる次第です(苦笑)。今日はお客様の暖かい目に助けて頂きました。

2014年2月21日金曜日

浅田真央。その4

真央ちゃんのSPの時、前にソトニコワが素晴らしい演技をして会場が異様な雰囲気だったので、それに飲まれたのではという人もいる。
私で言うと、学校寄席でナイツの後に上がる感じかな。異様な盛り上がりの後、無名の私が出てって、あれ誰?っていうザワザワ。まさに完全アウェー状態(苦笑)。

浅田真央。その3

真央ちゃんにしろ、沙羅ちゃんにしろ、気になるのは、応援してくれる人の為にとか、恩返しって言葉がたびたび出てくる事。いかにも日本人的で悪い事ではないけど、他人の為にって思うのは重圧にしかならないと思う。自分の為にって思わないとねえ。キム・ヨナなんか明らかに自分の為って感じだから。

浅田真央。その2

真央ちゃんは前日、あれだけの失敗をして、翌日にあれだけの演技が出来るのだから、気持ちは弱いどころか、相当強いと思う。私なら、翌日に気持ちを切り替えるなんて無理。気持ちの強い弱いじゃなくて、気持ちの持ちようだと思うけど。

浅田真央

真央ちゃんや沙羅ちゃんって典型的な日本人だと思う。まじめで責任感が強くて、周囲に気を遣い、気持ちが優しい。それがたまたま裏目に出てしまっただけで、そういう若い女性がスポーツ界のトップにいる事を私は日本人として誇りに思う。って言えないかねえ、森さん。

ノン太

昨日、PM8:30頃、かみさんからメール。ノン太が家で転んで、顔面を机の角にぶつけて、口から血を流してるので病院にいると。慌てて帰る。歯で上唇を切ったようだ。縫う必要はないと言われ、ホッとした。普通、口の中を切ると食べたくなくなるものだが、食欲は全然、変わらない(笑)。

色物落語会

昨日の色物落語会、いつもの3倍のお客さんがいらしてビックリ。義太夫さん効果か、ツイッター効果か。確かに告知に対するリツイートの数は多かった。私のライブの告知の4倍だから(苦笑)。ちなみに私のライブは16人以上お客さんが来ると、私にギャラが発生しますので、よろしくお願いします。

2014年2月19日水曜日

プロレスの日

今日はプロレスの日。60年前の今日、蔵前国技館で力道山・木村政彦組対シャープ兄弟の日本初のプロレス国際試合が行われた。もう、蔵前国技館を知ってるプロレスファンもだんだん減ってきたなあ。私は蔵前は相撲でしか行った事がないが、維新軍対正規軍の柔道方式の5対5勝ち抜き戦なんか懐かしい。

2014年2月18日火曜日

大雪

天ぷらを食ってたかどうかはどうでもいいけど、大雪で孤立してる所を何とかする事を早く考えないと。天ぷらの事ばかり言うマスコミもいかがなものかと思うが、安倍政権の動きが民主党政権並みに鈍い。今までやるべき事はやってたように思うが、都知事選も終わり選挙もないから驕りが出てきたようだな。

2014年2月17日月曜日

葛西

葛西選手はもちろん凄いんだけど、葛西選手をここまで代表に残し続けた日本のスキー連盟も偉い。新旧交代という名の下に理不尽に実力あるベテランが容赦なく切られる事が多い昨今、よくぞ残していた。代表というのは一旦外れるとなかなか戻れないもの。実力主義を貫いたのは凄い。

ノン太の誕生日。その3

大震災の後、逃げ出したい気持ちを抑えられたのも、ノン太がいたから。私が逃げ出したら、一番大変な思いをするのはノン太だから。まあ、子供の顔を見たら逃げ出せないけど。それを考えたら、3歳の誕生日を迎えられたなんて夢のような事。何とかみんな生き延びられたのだから、その命を大事にしないと。

ノン太の誕生日。その2

ノン太が生まれて1ヶ月も経たないうちに大震災に遭った。それから1ヶ月は本当に不安な毎日だった。この子を本当に育てられるのかと。原発はいつどうなるか分からない、計画停電は来る、物がない。そして、私の仕事もない。今だから言えるが、逃げ出せるものなら逃げ出したいと思う事もあった。

ノン太の誕生日

2/15はノン太の3歳の誕生日だった。生まれる前の日も今回ほどではないが、大雪だった。名前を雪ちゃんにしようかなんて言ってたくらい。生まれた時から布団を蹴飛ばして寝相が悪かった。初めて家に来た時、いろんな意味で逃げられないなと思った。逃げたら、こいつは死んじゃうんだからと。

2014年2月15日土曜日

仕事

明日の深谷の仕事、雪のため延期。それは仕方ない。寄席も休むと言ってしまってるから、今さら仕方ない。
ただ、この仕事がなかったら、ベトナム、マニラ、バンコクに一週間、仕事に行ってたんだよなあ…。この世界は、仕事は早く来たもん順だから仕方ないけど…。雪を恨むしかないか…。

2014年2月14日金曜日

広小路亭

広小路亭の出番の時、出番前に前座さんが板を運んでくれる。袖は狭くて置けないので、袖の外に置いてある。私の出番になるとそれを高座に敷く。10分以上外に置いてあるから、冬場はめちゃめちゃ冷たくなってる。でも広小路亭の高座は狭いから、その上に立たねばならない。最初の5分は地獄(苦笑)。

バレンタイン

今日は寄席に行く前に保育園にノン太を迎えに。みんながおやつを食べる時間に帰る事になる。今日のおやつはバレンタインにちなんでチョコレートロールケーキ。ノン太が残念そうな顔をしてると先生が、「パパがたくさんチョコレートもらってくるから、それを食べてね。」その予定は一切なし(苦笑)。

2014年2月13日木曜日

今日は悪友2人とカブキさんのとこで一献。カブキさんと写真撮るなんて何年ぶりだろう。

2014年2月12日水曜日

高梨沙羅ちゃん。その3

沙羅ちゃんがあれで金メダルを取ってしまったら、沙羅ちゃんのような子でも、人生なんてこんなもんだと思ってしまうかもしれないし、これからの目標がなくなってしまう。目標がまた出来た事を幸せな事と思って欲しい。あの歳で目標がなくなったら、その方が不幸だと思う。余計なお世話だけど。

高梨沙羅ちゃん。その2

沙羅ちゃんはメンタルが弱かったと言うけど、私はむしろ強かったと思う。17歳であれだけのプレッシャーに逃げ出さずに耐えたのだから。私なら到底、耐えられない。あのショーン・ホワイトですら負けるんだし。今回の事はこれからの人生に大きな糧になると思うし、負けた後のこれからが大事だと思う。

高梨沙羅ちゃん

今日は沙羅ちゃんのニュースを見るのは辛いねえ。前々から、応援してくれる人の為にという発言が、凄く気になってた。17歳の女の子が背負い過ぎだろうと。自分の為にって思わないとキツいだろうなあ。沙羅ちゃんはいい子過ぎるのかな。勝負の世界は少々いい加減なくらいがちょうどいいんだろうなあ。

2014年2月11日火曜日

高円寺演芸まつり。その2

高円寺の2席目の控室が、偶然にも依然、お世話になった方の所だった。引っ越されたので住所が分からなくなり、困っていたが、久々にお目にかかれて本当に嬉しかった。十年以上前に高円寺のあずま通り商店街の大道芸まつりでお世話になった。あの頃、私にやる場所を与えて頂いたおかげで今の私がある。

高円寺演芸まつり

今日は、高円寺—新宿—高円寺で計3席。3時—5時—7時でちょうど時間の無駄なくやる事が出来た(笑)。
去年もそうだったけど、高円寺演芸まつりのボランティアを含めたスタッフの方々は非常によく下さるし、お客さんもたくさんいらっしゃるので、気持ち良くやらせて頂いた。

2014年2月10日月曜日

都知事選。

細川・小泉陣営の最大の失敗は小泉さんが出なかった事。脱原発という都民はまだまだいると思うが、細川さんで出来るの?と思った人は多いはず。小泉さんなら出来ると思った人も多かったと思う。小泉さん自ら、出ないのを見て、小泉さんの意志もそんなものかと思ってしまったのだろう。

2014年2月8日土曜日

大雪。その2

42年、千葉、東京に住んでるけど、これだけの吹雪とパウダースノーは初めて見た。積雪自体は時々これくらいの事はあったけど。パウダースノーだから、全然固まらないから、雪だるまも全然大きくならない(苦笑)。ノン太は2部屋隣のお姉ちゃんに遊んでもらってとても楽しそうでした。

大雪

パウダースノーで大きい雪だるまは作れませんでした(笑)。

広小路亭

広小路亭出番終了。私が上がった時、お客さん8人。途中、2人入ってきて、やっと、つばなれ。こういう日に来て下さるお客さんは、いつにも増してありがたい。そういうお客さんのために私も普段はやらないような事をやる。お客さんのためもあるけど、時間つなぎのためでもある(苦笑)。

2014年2月6日木曜日

都知事選

マスコミが公平を謳うなら、実態のない世論調査は止めるべき。あれで世論操作してるんだから、明らかに公平でない。世論調査と出口調査は法律で禁じるべき。あんなものを庶民は求めてないし。あれで選挙に行く意欲を失わせようという事だろうけど。だったら、投票率が低い事を殊更、言わないで欲しい。

2014年2月5日水曜日

大阪市長選。

橋下徹が好きか嫌いかは別として、あまりにも反橋下の報道が多過ぎやしないか。マスコミが公平だと言う割にはあまりにも好き嫌いで物を言ってると思う。橋下さんが法を犯した訳でもないし、橋下さんを支持してる人たちだっているわけだし。橋下さんを支持すると言えないマスコミの雰囲気が気持ち悪い。

オウム裁判

オウム裁判を見ていて、談志師匠の言葉を思い出す。物事に事実はあるが、真実はないと。真実という言葉の裏には必ず誰かの主観が入っていると。主観が入ってるものはどこかがねじ曲げられていると。これだけの大事を裁判員が裁いて良いものだろうか。裁判員の方々が私はかわいそうだと思う。

2014年2月3日月曜日

川柳

今日は浅草、代演の後、そのまま楽屋で川柳の会。お題は、選挙、寒波、浅草、の3つ。今回はあまり、いいのが出来なかったなあ。疲れてるとやっぱりダメか。そんな中で好評だった私の2句。お題、選挙。
選挙資金 徳田得だで 損をする。
お題、浅草。
車引き 客引きばかりの人力車。
お粗末。

宮崎科学技術館。その5

プラネタリウム寄席。打ち上げの場所の店長さんは無類のプロレス好きという事で意気投合。まだ、店が出来て一年経ってないので、有名人のサインもお店にはないとか。カブキさんにサイン書いてもらってお店に送ろうかな。カブキさん、宮崎県の出身だし、私のサインを飾るより、よっぽどいいだろう。

宮崎科学技術館。その4

プラネタリウム寄席。打ち上げでおいしい日本酒を頂く。私は体質的に日本酒が合うみたい。前の日の打ち上げは紹興酒を飲んだが、紹興酒は好きなんだけど、翌日、お腹の調子がいまいち。でも、日本酒は何ともない。いい日本酒という条件付きだけど(笑)。

宮崎科学技術館。その3

プラネタリウム寄席。巨人の星の選曲には笑いが起こった。一応、星に因んでるし、巨人のキャンプもやってるし。星影のワルツや見上げてごらん夜の星をの時は一緒にお客さんが歌って下さった。もちろん、その時も夜空の演出。ちょっと、かっこ良かったかな。

宮崎科学技術館。その2

プラネタリウム寄席。歌春師匠からのリクエストで星に因んだ曲を弾く。この1週間、川口オートから始まってリクエストが多い(苦笑)。こっちも楽しんでやってるけど。
1曲に絞れず、星に願いを、星影のワルツ、巨人の星、見上げてごらん夜の星を、の4曲を弾いた。

宮崎科学技術館

宮崎科学技術館のプラネタリウムでの落語会。プラネタリウムがこれだけ落語会に合う場所とは思わなかった。キャパ的にもちょうどいいし、音の響きもいい。

歌春師匠の二番煎じの時には夜空の演出も出来たし、流れ星も流れた。それが全然、噺の邪魔にならないし、素晴らしい演出効果になっていた。

2014年2月1日土曜日

生活発表会。その3

ノン太の生活発表会。お遊戯が終わって、ノン太が最初から教わっていた先生も涙、涙。3人の先生のうち2人が7月で辞めて、新たに2人、先生が入ってきたりで、最初からいたその先生の苦労は並大抵ではなかった。先生のおかげでクラスもノン太も今があると思う。私も思わずもらい泣きしてしまった。

生活発表会。その2

ノン太の生活発表会。懸念された合奏の鈴もちゃんと出来た。何より一生懸命やるノン太の成長にかみさんも私も涙、涙。間に合って本当に良かった。
私はビデオを撮っていたが、携帯で写真を撮ってたはずのかみさんが失敗して写真ゼロ。さすがにがっかり。まあ、業者さんが撮ってるからいいけど。

生活発表会。

駅に着いてタクシーに乗り、人生で初めて、釣りはいらねえと言って、急いで保育園に。生活発表会、ノン太の出番にギリギリ間に合う。
幕が開いたら、どセンターにノン太。それだけでかみさんも私もウルウル。一番楽しそうに踊るのでセンターにしてくれたみたい。その通り、楽しそうに踊ってた。

川口オート。その3

川口オートでは、これもサンスポさんからのリクエストでバイクの走行音もやった。未完成の上、初めてやった割にはウケて良かった。

川口オート。その2

川口オートの「ぶっちぎりの青春」、曲調はヤマトにも似てるし、初代タイガーマスクの入場曲にも似てる。いかにも昭和チックな曲。試走の時に流れるが、試走には映える曲だ。

川口オート

29日の川口オートでは、サンスポさんのリクエストで川口オートのテーマ曲「ぶっちぎりの青春」を弾いた。こちらも頼りはYouTube。実は平尾昌晃さんが作曲。元中日の川又の応援歌や元日ハムの芝草の入場曲としても使われた。これも1日聞いてたので耳から離れないが、聞けば聞くほど名曲である。

繁昌亭。その3

昨夜のあやめ師匠の会。エンディングはあやめ師匠がエディット・ピアフの「水に流して」を熱唱。伴奏は、れ・みぜらぶるずさんと私。このためにYouTubeの映像を頼りに何とか覚えた。シャンソンは耳だけで音を取るのは難しかった。一日中、この曲を聞いてたから、未だにこの曲が耳から離れない(苦笑)。